よーそろー

日々のこと、映画、旅の感想・思い出などを書き書きします  by さぶろー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タラ…じゃなかった、コボちゃ~ん!

長年、そして常々抱いていた疑問。

それは…

コボちゃんはサザエさんのパクリではないのか?

ということ。昔から思ってましたよ、ええ。皆さんも思ってるんでしょうか?

日本最強(発行部数が)の全国紙に20年以上、君臨してきた植田まさしのコボちゃん。
その威光ゆえに声高に叫ばれなかったのだろうか。でもみんな思ってるでしょ?パクリだと。

Wikipediaで調べたら、コボちゃんって「小穂ちゃん」らしい。知らなかった。

コボちゃん→タラちゃん
サナエ(母)→サザエ
パパ→マスオ(しかも両方妻の両親と同居)
バーコードじいさん→波平
パーマばあさん→フネ
タケオ(元居候)→ノリスケ(元居候)

カツオとワカメがいないだけです。
磯野家の人々の髪型があまりにトラディショナルなので、波平がバーコード、フネがパーマ、サザエの昭和20年代ヘアーが、若干現代化されただけ。連載が始まった頃でも、核家族化が進んで、平均的な家族像も変わってたと思うんだけど…。別に構わないけど。

クレヨンしんちゃんなんかは完全に現代家族型ですよね。

植田まさしに会ったら、「いやー、僕タラちゃんの大ファンなんですよ」とか「遂に結婚しましたねえ、ノリスケさん」とか言ってみたい。

べつに私ごとき素人がマンガの内容を言うのもあれだけど、内容に関しては、
「おとなし過ぎる」
これに尽きる。四コマには毒とか社会風刺が欲しい(個人的にはね)。

パクリ元(失礼)のサザエさんは、何だかんだで毒があった。社会風刺が。単行本を読んだことあるけど、アニメ版とは全然違う。

朝日の四コマの傾向なんだろうか?ののちゃん(元「となりの山田くん」)なんかは猛毒。
ナベツネとかいうキャラいるし(笑)
実は、いしいひさいちは大好きです。

サンワリ君は好きだった。絵のタッチも好きだったし、ホドホドに毒はあった。でも作者が亡くなって、読売の夕刊は寂しい。

やっぱ、平和な家族向けがウケるのかな?

一応言っとくと、植田まさしさんをけなしてる訳じゃないですよ。毎日連載って、本当にすごいと思います。

以上!
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<おもいやりぞーん | HOME | バトンとは何ぞや>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。