よーそろー

日々のこと、映画、旅の感想・思い出などを書き書きします  by さぶろー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブログの寿命

高校時代の日記→20060105045402

姉妹(というか兄弟)ブログの「ここは日本の最前線!」。さぶろーが高校時代の友人に話を持ち掛けて作ったブログだ。開設時、北海道からの話題などを紹介することが期待されていた。本部サイト「さぶろーの部屋」にもコーナーを開設した。

多くの泡沫ブログと同じように、数回の記事で放置された。主のカラシ氏に言わせると、もう閉めたいらしい。

彼は当初、「毎日書かなきゃいけない感じがする」とよく言っていた。
こいつが曲者だ。

つまり、日記と同じことだ。毎日書くor全く書かないという図式になりがちではないだろうか。
日記で挫折する場合、多くは力みすぎが原因だ。
最初の数日でたくさん良いことを書く。まあ、三日でネタ切れですな。

さぶろーも小6のとき挫折した際は、そういうパターンだった。

その後、中3から書き始めた日記風メモは現在も続いている。
これは手帳形式(今は手帳)の紙に、予定を書くだけでなく、その日のことなどを書き綴ったものなのだが、何となく書き始めて早七年。
もちろん、何も書かれていない日もある。
しかし、そんなことは別に気にせず、出来事だけを淡々と、時に思いをぶつけたメモは、今や貴重な資料となった。
細かいことを書かず、出来事だけ記してあっても、当時の気持ちまで甦るから不思議なものだ。

で、読み返してみた。恥ずかしい…。やってることが恥ずかしい。部活でこんなトレーニングしてたんだなあ、という懐かしさ1、恥5、当時からの進歩ゼロに失望4。

しかし、ブログは難しい。
ウェブ上の「日記」と言いつつも、公開が前提だから、人に言えないことは書けないわけだし。
つまり、内容を選ぶのだ。
人が読むものだから、あまりに内輪ネタだと読む人が限られてしまうし、デカいこと書こうとすると疲れる。

このブログも記事は60本近く書いてきたが、やはり気分にはムラがある。映画観てもレビュー書かないことも多いし。
ちなみに、このブログに訪れる人の多くは、映画のタイトルをググってたどり着いた人たちだ。

まあ、あんま気張らず気長に続けられるよう頑張りますのでヨロシコ!

P.S. カラシ氏よ、まあ気が向いたらまた記事書いておくれ。
スポンサーサイト

日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<信長の肖像画 | HOME | 愛機破損>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-01-07 Sat 09:26 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。