よーそろー

日々のこと、映画、旅の感想・思い出などを書き書きします  by さぶろー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

宗教?

駅で「手相を見ましょう」という20代半ばくらいの男に声を掛けられた。
怪しい…。
でも見せた(笑)

「特異な相を示している」
「どんな?」
「結構情熱的というか…熱血漢なタイプですね」
「う~ん微妙。そういうときもあるけど…あ、そろそろ終電が…」
「まだ全然余裕ですよ」

気になってたので聞いた。
「あの…なんの団体ですか??」
「フリーのサークルですよ」「何ていう名前?」
「いやいや、それはいいよ」あ、怪しい…。

ここで展開が。
「あなたは運命の転換点に来ている」
「確かにそうかも…まあ、いまあんま良い状態じゃないっすね」
ここで仲間の女登場。

「今あなた、自分の運命を他人に漏らしましたね」
「いや、漏らしてないっすよ」
「他人に運命を漏らすと、運命が急落します。漏らされた人も急落します!」
「いや、漏らしてないっすよ」
「漏らしましたよ」

この野郎(怒)。
この後、理窟バカ炸裂。
「漏れた漏れたっていうけど、この後どうなるか分からないことを漏らしたのが、運命を漏らしたことになるの?どう考えたっておかしいじゃんかetc.」

こんな自分に、向こうからサジを投げてくれた。
「あ、もう終電ですね?」

さっき余裕って言ったじゃん(笑)。

「最後に聞いて良いですか?これは何の団体ですか?」
すると彼は耳打ちするように
「オウム真理教…」
「!!!」
「冗談ですよ冗談…」

それでお開きだったんだけど、何だったんでしょう、あれ?

別れ際に「仮に、至極真っ当な方だったら、失礼しましたけど、さっきのやり方は怪しい。宗教の勧誘にしか見えません」と言った。

こういう輩と問答するのは割合好きだ(時間があるときはね)。

そもそも、怪しいやつは論理が貧弱。簡単に論破できる。
逆にできなかったら、どうしよう?結構危ういかもしれん自分。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Japanese YAKUZA! | HOME | 三丁目の夕日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。