よーそろー

日々のこと、映画、旅の感想・思い出などを書き書きします  by さぶろー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

チームアメリカ★ワールドポリス

teamamerica1.jpg

すごいおバカ映画だ。しかも、人形劇のクセにR-18! 18禁ですよ。

出会いは、近所のレンタルビデオ店のTVでこの映画の宣伝を流していた。
最初、「あ、サンダーバードやってるな」程度にしか思っていなかったが、最後に映画のタイトルが…。チームアメリカ…ワールドポリス…。
皮肉たっぷりのタイトルにものすごく興味をそそられた。
ネットで調べ、こりゃ観ねばと思う。

そして今日DVD借りた。

思いっきり人を食った大バカ映画。有名人総動員のハリウッド映画(?)。
監督はハリウッドが死ぬほど嫌いらしく、こき下ろすのがこの映画の目的(?)である。
マイケル・ムーアやマッド・デオモン(こいつ扱いヒドイ)をはじめとする、アメリカ映画界の有名人が多数登場(人形で)。しかも敵役である。内容も過激で、制作者たちは訴えられないのだろうか?実際、ショーン・ペンはキレたらしいが(笑)

主人公たちは「世界警察」を自称する「チーム・アメリカ」。

ame3.jpg
「イスラムの友よ。テロ退治に来ました」

おバカなストーリーは、ハリウッド的な展開と、大仰で壮大な曲に乗せて進む。これだけで相当ウケる。特に、ゲロ吐くシーンは、超リアルな上にバカすぎて悶絶した。
観てると、さまざまな映画のシーンや、曲をパロってるのが分かる。

アメリカ人はすごい。こんなバカ映画に巨費を投じられるのだ。
特典ムービー観ると、すごい技術や人材を投入して、このバカ映画が作らされたことが分かる。CGを使わずにここまでやるとは…。

ただ、平和会議に出てるのは、某国皇室の方では…。

劇中挿入歌も秀逸。「America,Fuck Yeah!」や「Everone has AIDS」など、カッコイイおふざけソング満載。

この映画観てると、スラング詳しくなるよ。マジで。
スポンサーサイト

テーマ:ゲイを扱った映画 - ジャンル:映画

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<三丁目の夕日 | HOME | サヨナラの名場面>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。