よーそろー

日々のこと、映画、旅の感想・思い出などを書き書きします  by さぶろー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

10年という感覚

21歳になって感じるのは、時の流れの速さだ。
80歳まで生きる場合、時間感覚における折り返し地点は19歳なのだという。
自分にとって、2005年はある意味区切りの年である。「10年前」を意識しだしてから、10年経つのである。は?と思うかもしれないが、適当に聞いてくれぃ。
当時、家にある雑誌とかを見て85年という時代を感じた。10年前が遥か昔に思えた。割ったコップを裏庭に隠して埋めたのが93年7月27日。その93年が遥か昔に感じられた小学5年生。そんな俺に取って85年なんて想像も出来ない世界だった。物心もつかない1歳…。
その95年から10年経った。当時当たり前だったものが古くなる感覚…。
10年前だった85年が20年前になってしまった。いま意識しだしたのは「20年前」だ。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<似た人 | HOME | どうせいあい>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。