よーそろー

日々のこと、映画、旅の感想・思い出などを書き書きします  by さぶろー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

穴とか洞窟、トンネルなどの地下空間って何か魅かれるものがありませんか?
ありませんか…。まあ良いです。

見えないとか、隠されてるとか、よく都市伝説のネタになるだけあって、なにかミステリアスなものを感じる…。
そんな穴に魅せられた男3人が、某日、穴に潜入。

穴っていっても、そんじょそからの穴じゃないっす。
総延長10kmに及ぶ地下帝国級の「穴」です。
そこの詳しい話はおいといて…。

穴の中でであったことを報告します。

20060326131404.jpg
入り口は小さな穴です。結構急斜面。ここが何kmも続く穴とは、パッと見思えない。

が、場所にもよるが、中は広い!
20060326131652.jpg

写真じゃ見づらいけど、結構水が溜まってます。
空気の状態に注意しつつ進む。
懐中電灯を消すと漆黒の闇。聞こえるのは水滴が岩盤から滴る音のみ。
神秘と恐怖の入り混じる不思議な気持ちになります。

内部は碁盤の目上になっていて、仲間の一人が地図を作りながら進みました。
20060326132632.jpg


場所によっては崩落によって行き止まりになっていたり…。
アホみたいに興奮してズンズン入っていったら帰ってこられないような気になります。

30分は進んだ頃、行く先に光が!
出口を発見。一体ここは??

20060326132817.jpg


空き家の裏庭につながっていました。
空き家とはいえ、進入は×なので、戻ります。

途中、ドドドッ!!という轟音が…。
同行者の顔が引きつります(たぶん自分も)。

彼とは幼馴染で20年近い付き合いなのですが、あんな顔は初めてでした(笑)
あとで考えれば、近くを通過する列車の振動なのですが、いやー、怖い。

しかし、さらなる恐怖が待っていました。

出口も近くなった頃、少し脇道(?)にそれた穴を進んでいました。

一瞬前方に光が見えた気がしました。
ひょっとして、こっちにも地上につながる穴が?と思い、進む。

ひゃああ!!!!!
20060326133130.jpg


まさかこんな地下空間で生物に遭遇するとは…。
出たぁぁ!って感じです。

どうも、アナグマくんみたいです。巣穴と通じてるのかも知れません。
時ならぬ遭遇に、思わず生き物地球紀行モードでアナグマくんを撮影。驚かせてごめん。
すぐ帰るから。


再び地上へ。3時間ぶりの地上。そして光。
空気が美味しい。

よく地下帝国云々なんていうけど、ずっと地下にいたら気が変になりそうです。

地上の素晴らしさを噛み締めつつ家路へ。
3人とも泥だらけの異様な風体でしたが、ちょっと異端なアウトドア派な休日を過ごせました。
スポンサーサイト

日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<iPodサザエさん | HOME | 遅くなりましたが…>>

この記事のコメント

穴…海の中なら大変魅力を感じます!
こう、上から光が射してきたり、影に大きなミノカサゴとかなにがしかの魚が隠れていたり(悦)
ダイビングの醍醐味の一つ、地形、ですv
地底探検も楽しそうだね♪
アナグマ君の写真、しっかり目が光ってて素敵です(笑)

2006-03-26 Sun 23:23 | URL | ゆうき #DhuRAo1g[ 編集]
誰だって穴にはあこがれるものだ!


沖縄の穴いっといでースゴイよ。こわいよ。
2006-03-27 Mon 17:39 | URL | おとこのぱんだ #mQop/nM.[ 編集]
>ゆうきさん
ダイビングかー。いつかはやってみたいものの一つ…。
海の中から水面を見るとどんな感じかなー、とか考えちゃいます。きっときれいなんだろう。
海の中も地上と同じように起伏あったりとか、行ったことないけど神秘的なんだろうなーー。

>おとこのぱんださん
いわゆるガマですか?
悲惨な歴史の証人だったりするようなガマだったら、きっと色々考えそうです。
沖縄行く機会あったら是非行きたいです。
2006-03-28 Tue 03:17 | URL | さぶろー #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。